Rejuvenateをめぐる動きが強まる ― 対応を迫られるSCEとYifan氏の計画

Rejuvenateの発展に怒涛の勢いを見せるハッカー・デベロッパーサイドと、対応を迫られるSCEサイドのそれぞれに、存続をかけた動きがありました。

Rejuvenateは新たに誕生したPS VitaのネイティブHomebrewプラットホームで、PlayStation Mobileと比べ、開発や配布が無料であったりネイティブで動作することで注目を集めています。

Rejuvenateをめぐる問題には大きく分けて2つあると考えます。1つはPSPの当時のようにたくさんのHomebrewに恵まれ、大きなコミュニティを形成できるかということで、こちらはデベロッパー次第で明暗が別れるところでしょう。もう1つはRejuvenateの発展を待たずに終息することになりはしないかということです。SCEはすでにRejuvenateのキーアイテムともいえるPlayStation Mobile Developer Assistant(PSM Devアプリ)をPSNから削除し、新規ユーザーの増加は一見不可能な状況にもみえます。

そんな中、後者の問題について、両サイドで動きがありました。SCEはパブリッシャーライセンスを保持するアカウントに対し、「PSM Development Assistant /PSM Development Assistant for Unityの使用停止および削除のお願い」というタイトルのメールを送信。
screenshot-thunderbird001

本日より配信されているFW3.52ではPSM Devアプリが使用できなくなると記されています。ハック対策を講じるのは過去を鑑みても普通のことですが、今回はPS Mobile終了にむけてのスケジュールが発表されていたにもかかわらず、アプリ配信停止やアップデートによりアプリが使用不可になるなどの予定外の対応により、正規のPSMデベロッパーまでをも巻き込んだ形となりました。

このメールから、たとえRejuvenateが海賊行為を助長する可能性がなくても、SCEはその対策に全力を尽くす構えであることが読み取れます。

一方でRejuvenate生みの親であるYifan LuさんはFW3.52について次のようなツイートを投稿。

Rejuvenateを実行したいようなことがあるなら、絶対に3.52にアップデートしないでください。たとえPSM DevAssistantをダウンロードできなかったり使えなかったりしたとしても、3.52は今回見送ってください!

このツイートから読み取れるのは、Yifanさんが隠し持つ手立てのうちに、まだPSM Devアプリを入手する方法があるのではないかということです。もしそうであれば先日のラストチャンスにも間に合わなかった人たちにもPSM Devアプリが手に入る可能性があります。

PSPの時代からずっと繰り広げられているSCEとハッカーのイタチごっこがまた活発化しそうです。企業としての意地を見せたいSCEと、未だ手の内が明らかにならないYifanさん、どちらがより遠くの未来を見ているのでしょうか。今後の展開に注目が集まります。

COMMENT (0)

Rejuvenateパブリックベータ(0.2) リリース ― Hello Worldを起動してみる

DSC_0628

月末と言われていたRejuvenateのパブリックベータ版が早くもリリースされています。
Yifan Lu | Rejuvenate Public Beta Release

SDKが完成しておらずHomebrewもまだ存在しない状況ですが、同梱されているHello Worldを起動して、今後登場するであろうHomebrewに思いを馳せることにしましょう。

Rejuvenateについて詳しくはこちらより。
Rejuvenate ― PS VitaのネイティブHomebrew環境が始動秒読みに! - APOLOBOX

続きを読む
COMMENT (0)

Rejuvenate ― PS VitaのネイティブHomebrew環境が始動秒読みに!

Yifan Luさんは、PS Vitaでnative homebrewを開発・実行するためのプラットホーム "Rejuvenate" を月末にリリースすることを発表しました。これは数週間前に協力者が募られ、開発が進められていたものです。

これにより作成された非公式ソフトウェアは、PlayStation Mobile Development Assistantを介してSonyの認証なしにPS Vita上で実行できます。

今月末にはRejuvenateのパブリックベータ版が公開される予定です。PSMが終了した後も、Rejuvenateに含まれる "PSM+" というツールによりhomebrewの開発や実行が続けられます。

続きを読む
COMMENT (0)

PS VitaにHomebrew文化が花開く? オープン開発環境の作成に協力者が募られる

Yifan LuさんはPS VitaでHomebrewを実行するための開発環境 "Open Vita SDK" の作成に向け協力者を募っています。
Yifan Lu | Calling all coders: We need you to help create an open Vita SDK!

これまでPS Vitaでは、homebrew(以下、PSPエミュレータ上で実行されるhomebrewに対しnative homebrewと呼びます)を実行する環境はありませんでした。Yifan Luさんは今まで実現できなかった理由に「ツールチェーンとSDKが存在しなかったこと」を最大の障壁として挙げています。PSPでHomebrew文化が繁栄したのは、有志によって早期にPSPSDKというhomebrew開発環境が完成したためで、native homebrewをだれでも開発できるようにするためには、PSPSDKに相当する開発環境がPS Vitaにも必要です。

SDKがこれまで存在しなかったのは、「PS Vitaの実行ファイルのフォーマットを理解している人も、SDKのようなツールを作るのに必要な時間や能力を持ち合わせている人も存在するが、その両方を兼ね備える人がいなかったから」だと言います。そこで彼はSDKの作成を促すため、PS Vitaの実行ファイルのフォーマットの設計やツールチェーンに必要なものをまとめてドキュメントとして公開しました。

これらを踏まえた上で、彼はSDK作成の参加に必要なものを2つ挙げています。一つはPS VitaにおけるELFフォーマットの動作を理解していること。これは公開されたドキュメントで詳細が説明されており、彼の思惑通りならこの点に関してはハードルが下がったことになります。もう一つはAAELF・ARMアーキテクチャのELFの仕組みを理解していることで、これはSCE ELFの理解への一助になるとしています。

SDKの作成は、3大OSで開発できてSDKの仕様書にそぐう言語であればもどれでも良いとしていますが、彼は情報の共有を目的としてlibelfとportable Cの利用を推奨しています。進捗状況や仕様に対する提案などは彼の投稿で受付けられています。

これまで、PS Vitaハックの歴史はPSPエミュレータとともにありました。VHBLやCEFは技術的にはワクワクするものでしたが、PSPで出来たことををPS Vitaで再度なぞっていたに過ぎず、これ以上の発展は期待できませんでした。一方、今度のOpen Vita SDKプロジェクトでは無限の可能性が広がっています。PS Vitaのための文化が花開こうとしています。日本人の活躍にも期待しつつ、志半ばに頓挫しないことを祈るばかりです。

COMMENT (0)

PlayStation Mobileに登録すると何かがあるらしい

PS Vitaに対しePSPハックとは違ったアプローチを試みているYifan Luさんは、自身のブログで「PlayStation Mobileに登録するといい」との記事を投稿しました。

Yifan Lu | You Should Register for PSM

おそらくPS Vitaハックに何らかの進捗を見せてくれるものと思われますが、PSMに登録することでどのようなことができるのかについては述べられていません。

しかし、少なくともPSMの登録およびパブリッシャーライセンスの申請など提案されている内容は無料ではありますので、何が待っているかは蓋を開けてみないとわからないにせよ、まずは準備しておくといいかもしれません。

ただし、PS Vitaは最新FWでないといけません。eCFWなどはアップデートすると使えなくなりますので注意してください。

続きを読む
COMMENT (2)

PS Vitaハック: 2ファームウェア間のデュアルブートに成功。ダウングレードに実現の兆しも?

Wololo.netに興味深い記事が載っていましたので紹介したいと思います。以下翻訳です。
PS Vita hack: Dual Firmware Boot prototype by Katsu. Vita downgrade a possibility? ・ Wololo.net

katsu-dual-booting

続きを読む
COMMENT (0)