[FW3.60~3.72対応] PS Vitaをダウングレードする方法

FW3.60からFW3.72まで対応、PS Vita本体をダウングレードする方法です。

SKGlebaさんにより公開されているmod版のmodoru 2.0は、FW3.71/3.72からのダウングレードに新たに対応しています。これを用いてPS Vita (TV)を任意のFWにダウングレードしましょう。

オリジナルのmodoruはFW3.71/3.72では対策されたため、これらのバージョンの本体では使わないでください。使用すると本体がブリックします。

用意するもの

  • FW3.60~3.72がインストールされたPS Vita (TV)(h-encore²などのjailbreakでHENkaku化済み)

概略

まずmodoru 2.0をHENkakuが有効なPS Vitaにインストールし、これを起動します。起動後、画面にはダウングレード先として選択が可能なファームウェアの最低のバージョンが確認できます(出荷時のFWより古いFWにはダウングレードできません)。これを確認してダウングレード先のFWバージョンを決めましょう。

実用的には、HENkaku Ensōで環境を恒久化できるFW3.60か3.65にダウングレードするのが良いとされています(アップデートファイルが入手できるなら他のバージョンも可)。これらが選択できる場合はラッキーです。どちらも選択できる場合は、できるだけ互換性が最も高いとされるFW3.60を選択します。出荷時のFWバージョンが3.65より新しい場合、現在modoru 2.0を起動できている環境(h-encore、Trinity、h-encore²)をそのまま使い続けるしかありません。

まずは以下の手順で、FW3.60かFW3.65にダウングレードできるかどうかを確認するところから始めましょう。

COMMENT (2)

Trinity ― FW3.69/3.70のPS Vita向けハックがリリース

追記: この方法は古くなっています。こちらのまとめ記事でFW3.72まで対応した最新でより簡単な方法を確認してください。


TheFloWさんにより最新のFW3.69/3.70のPS Vitaに対応したExploit「Trinity」がリリースされています。
GitHub - TheOfficialFloW/Trinity: Trinity Exploit - Emulator Escape

2019-05-06-204412
COMMENT (4)
  • タグクラウド

  • カテゴリー

  • アーカイブ