FW3.60/3.65のPS VitaにHENkaku ◯ (Ensō) をインストールする

FW3.60または3.65のPS VitaにHENkakuの恒久化パッチであるHENkaku ◯ (Ensō)を導入する方法の紹介です。といってもHENkakuが有効なPS VitaにEnsōのインストーラをインストールして実行するだけなので、とっても簡単です。

HENkaku初心者の方向けのフロントページはこちら。
PS VitaにFW3.60 + HENkakuをインストールする・フロントページ

導入方法

1. Ensōのインストーラを導入する

  1. HENkakuを有効化します。
  2. 設定アプリを開き、「HENkakuの設定」→「リスクのあるユーザープログラムを有効化」にチェックを入れておきます。
    2019-03-02-114829
  3. FW3.60用またはFW3.65用のenso.vpkをPCにダウンロードします。
  4. ダウンロードしたenso.vpkをVitaShellまたはmolecularShellを使ってPS Vitaにインストールします。

PS Vitaのホーム画面にEnsō(インストーラ)のアイコンが現れたことを確認してください。
2019-03-03-093744

2. Ensōをインストールする

  1. Ensōインストーラを起動します。
  2. 自己責任でEnsōをインストールすることに同意する場合は○ボタンを押して進みます。同意しない場合は×ボタンを押して終了します。
    2019-03-03-092913
  3. 次の画面で×ボタンを押すとEnsōがインストールされます。
    2019-03-03-093130
    • 既にEnsōがインストールされている場合、×ボタンで再インストールを行います。
    • △ボタンを押すと既にインストールされたEnsōがアンインストールされ、元に戻ります。
    • □ボタンで起動構成の修復を行います(起動時にtaiHENがロードされないときに選択します)。
    • ○ボタンで何もせずに終了します。
  4. 少し待つとインストールが完了します。いずれかのボタンを押すとPS Vitaが再起動します。
    2019-03-03-093554

ブートスプラッシュがmolecularロゴに変わっていたらEnsōの導入は完了です。これで再起動時にHENkakuの有効状態が維持されるようになります。
DSC_0551

COMMENT (0)

Comments are closed.