h-encore² ― FW3.65-3.72のPS VitaにHENkakuを導入しよう

TheFloWさんにより最新のFW3.71/3.72を含むFW3.65以降ののPS Vitaに対応したjailbreak「h-encore²」が(少し前に)リリースされています。
GitHub - TheOfficialFloW/h-encore-2: Fully chained kernel exploit for the PS Vita on firmwares 3.65-3.72

2019-09-21-162419

h-encore²ではTheFlowさんによる過去の作品のh-encoreやTrinityと同じく、導入することによりHENkakuとVitaShellをインストールできます。新たに最新のFW3.71/3.72に対応し、FW3.65以降のPS Vitaに導入できます。これ以降はh-encoreやTrinityの開発は終了し、h-encore²のみがサポートされます。

用意するもの

ご自分の場合この記事が最適かどうか、あらかじめこちらの記事で確かめておいてください。
PS VitaにHENkaku環境を導入する・フロントページ

  • FW3.65-3.72のPS Vita
  • メモリーカード(旧型Vitaの場合)
  • 以下の手順でPCに接続する際、PSNにサインインしているかチェックされます。こちらの記事を参考にサインインしておいてください。

導入方法

概略

DRMフリーの脆弱性付き体験版のパッケージを公式サーバーよりダウンロード、これをpkg2zipで展開し、そこにpsvimgtoolを使ってh-encore²を書き込み、そのイメージをQCMAを使ってPS Vitaに転送、そしてこれを実行します。

詳細な手順

  1. bitter smile(DRMフリーの脆弱性付き体験版パッケージ)をダウンロードし、適当な作業フォルダに保存します。
  2. pkg2zipの最新バージョンをダウンロードし、中身のpkg2zip.exeを用意したpkgファイルと同じ場所に配置します。
  3. コマンドプロンプトを起動し、pkgファイルとpkg2zip.exeが入った作業フォルダに移動します。そして次のコマンドを実行します。
    pkg2zip -x xGMrXOkORxWRyqzLMihZPqsXAbAXLzvAdJFqtPJLAZTgOcqJobxQAhLNbgiFydVlcmVOrpZKklOYxizQCRpiLfjeROuWivGXfwgkq.pkg
  4. 作業フォルダにapp/PCSG90096フォルダができたのを確認してください。
  5. h-encore²をダウンロードし、適当な場所に展開します。h-encore-2/app/ux0_temp_game_PCSG90096_app_PCSG90096/VITA_PATH.TXTがあることを確認してください。
  6. 先ほど確認したapp/PCSG90096の中身(sce_sysフォルダやeboot.binを含む)をすべてこのVITA_PATH.TXTがある場所にコピーします。
  7. 続いてapp/PCSG90096/sce_sys/packageにあるtemp.binを、h-encore-2/license/ux0_temp_game_PCSG90096_license_app_PCSG90096にコピーします。そしてそのtemp.binを「6488b73b912a753a492e2714e9b38bc7.rif」にリネームします。
  8. QCMAをセットアップし、コンテンツ管理アプリを起動してPS VitaをQCMAに接続します。
  9. コンテンツ管理で、「コンテンツをコピーする」の「パソコン → PS Vita」→「アプリケーション」を開きます。するとPCに [QCMAフォルダ]/APP/xxxxxxxxxxxxxxxx が作成されます([QCMAフォルダ]の場所はタスクトレイのQCMAアイコンを右クリック→「設定」→「アプリケーション/バックアップファイル」から確認してください)。このxxxxxxxxxxxxxxxxはアカウントにより異なるAIDという文字列です。このAIDをコピーし、random number generatorにペーストして「送信」をクリックします。返却される64文字長の文字列は改変した体験版を暗号化するためのキーとなります。
  10. psvimgtoolsをダウンロードし、psvimg-create.exeを含むすべてのファイルをh-encore-2フォルダ(appフォルダやlicenseフォルダがある場所)に展開します。
  11. コマンドプロンプトでこのh-encore-2フォルダに移動し、次のコマンドを順に実行します。
    psvimg-create -n app -K [先ほどのキー] app PCSG90096/app
    psvimg-create -n appmeta -K [先ほどのキー] appmeta PCSG90096/appmeta
    psvimg-create -n license -K [先ほどのキー]license PCSG90096/license
    psvimg-create -n savedata -K [先ほどのキー] savedata PCSG90096/savedata
  12. コマンドを実行し終わると、psvimg-create.exeと同階層にあったPCSG90096フォルダの中身が完成しています。このフォルダを[QCMAフォルダ]/APP/xxxxxxxxxxxxxxxxにコピーし、タスクトレイのQCMAアイコンを右クリック→「データベースを更新する」を選択します。
  13. コンテンツ管理よりh-encore²をPS Vitaに転送します。サイズが243 MBでなかったら、ここまでの手順でどこか失敗しています。
    2019-09-21-160048
  14. ホーム画面にh-encore²のアイコンが現れます。これを起動しましょう。白い画面から本体が再起動してしまったり、ピンクの画面で進まなくなったりすると失敗ですが、何度かやり直すうちに成功するはずです。
    2019-09-21-160807
  15. 「h-encore bootstrap menu」が表示されたら完璧です。HENkakuをアクティベートして、その次にVitaShellをインストールしましょう。なお、HENkakuのアクティベートは本体の再起動ごとに必要です。
    2019-09-21-161053

HENkakuを有効化できるようになったら、FW3.60やFW3.65へのダウングレードがおすすめです。これらのファームウェアではHENkaku EnsōというHENkaku状態の恒久化パッチを使用することができます。

COMMENT (6)

6件のコメントがあります

  1. syun 2019年10月3日 8:19 AM

    詳細な手順3でコマンドプロンプトに囲いのコマンドを実行したのですが、エラーが表示されました。
    [*] loading…
    [*] unpacking Vita APP
    ERROR: cannot create ‘app/PCSG90096/sce_sys/param.sfo’ file

    この場合、どのようにすればいいのでしょうか?

    • Apolo 2019年10月4日 10:31 PM

      管理者権限がないと書き込みができない場所に作業フォルダを配置していませんか?
      作業フォルダの場所をデスクトップなどに変えてみてください。もしくは管理者権限でコマンドプロンプトを起動してみてください。

      • syun 2019年10月5日 9:16 AM

        できました。
        ありがとうございました。

  2. 2019年10月7日 4:27 AM

    手順通りやったのですがvitaからh-encore²を起動するとbittrrsmile体験版が起動するだけです。何が原因でしょうか?
    バージョンは3.65です

  3. yumin 2019年10月12日 7:54 PM

    私の場合はh-encore²を起動するとb「あなたはこのアプリケーションのトロフィーを獲得できません」と出てしまい、先へ進めません。バージョンは3.72です.。

  4. 2019年10月15日 4:53 PM

    手順3のコマンドを実行すると、{pkg2zipは内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはパッチファイルとして認識されていません。}と、でます。どうすれば良いでしょうか?

コメントをどうぞ

  • タグクラウド

  • カテゴリー

  • アーカイブ