[FW3.61~3.68対応] PS VitaをFW3.60にダウングレードする方法

2019-03-02-100628

FW3.61以上3.68以下のPS Vitaに、互換性や利便性の面でもっとも人気の高いFW3.60 + HENkaku ◯(Ensō)環境を導入するため、ここではPS VitaをFW3.60にダウングレードする方法を紹介します。

HENkaku初心者の方向けのフロントページはこちら。
PS VitaにFW3.60 + HENkakuをインストールする・フロントページ

概要

現在のファームウェアバージョンによって、h-encoreというファームウェアハックが動作するFW3.65またはFW3.68のどちらかにアップデートしてから、modoruというソフトウェアを実行してFW3.60にダウングレードするという手順を踏みます。

ただし制約として、出荷時のFWまでしかダウングレードできないため、すべてのPS VitaでFW3.60にダウングレードできるわけではありません。最近出荷された新型(PCH-2000)はFW3.60より高い場合があるようです。以下の手順(の最後の方)でmodoruというソフトで出荷時のFWを確認することになります。

FW3.60にダウングレードできないことが判明した場合でもFW3.65でHENkaku Ensōを導入することができます。FW3.65にもダウングレードできないごく一部の本体ではFW3.68 + h-encoreで再起動ごとにHENkakuを有効化する制約付きで使うことができます。ただしいずれの場合もFW3.60にしか対応しないアプリケーションが動作しないことがあるようです。

いずれにせよmodoruを起動するところまでは同じなので、以下の手順を踏んでいってください。h-encoreによるHENkakuの導入が完了している方は手順3. modoruの導入に進んでください。

用意するもの

  • ダウングレードしたいFW3.61以上3.68以下のPS Vita (TV)
  • Windows PC

0. FinalHEを準備する

h-encoreをとても簡単にインストールできるFinalHEというソフトウェアを準備します。

  1. PCにて次のリンクよりFinalHEの最新バージョン (以下1.71の場合) の圧縮ファイルFinalHE_v1.71_win32.7zをダウンロードします。7-Zipを使ってこの圧縮ファイルを任意の場所に展開しておいてください。
    Releases · soarqin/finalhe · GitHub
  2. FinalHE.exeを起動します。このときWindowsのネットワークファイアウォールのプロンプトが表示されたら許可してください。
  3. FinalHEのウィンドウが表示されたら、PS Vitaのコンテンツ管理アプリを起動し、USBまたはWi-Fi経由(以下の方法でアップグレードを行う場合はUSB接続)でFinalHEを起動しているPCに接続します。このときPCがリストに表示されない場合は「機器を登録する」に進んでください。
    • このとき「PS Vitaを最新のファームウェアにアップデートしてください。」と表示されて進めない場合は次の設定でアップデートをブロックしてから再度試してください。
      1. 設定アプリから現在使用中のネットワーク接続に進み、「詳細設定」を開く
      2. 「DNS設定」を「自動」から「手動」に変更し、「プライマリーDNS」に「212.47.229.76」と入力する(「セカンダリーDNS」は空白のまま)
      3. 「プロキシーサーバー」が「使用する」になっている場合は「使用しない」に変更する
      4. PS Vitaを再起動する
    • USB接続で「PCに接続できませんでした。」と表示される場合はQCMAドライバをPCにインストールしてから再度試してください。
    • サインインを要求されたら上記の方法でアップデートをブロックしてからサインインしてください。サインインに失敗して進めない場合、設定アプリから飛べる次の画面からなら成功する気がします。
      2019-03-05-013049

これでFinalHEとPS Vitaの接続は完了です。

1. FW3.65または3.68へのアップグレード

現在PS VitaがFinalHEに接続されているところまで完了しています。FinalHEに接続されていない場合はコンテンツ管理アプリでUSB接続してください。以下の方法でアップグレードを行うときはWi-Fi接続は使えません。

PS Vita TVの場合は「パソコンに接続してアップデートする」が使えないので、以下の方法の代わりにUSBメモリを使ったアップデート方法を使ってください。

次の手順を踏んで、FW3.65未満の場合はFW3.65に(手順1.a.)、FW3.68未満の場合はFW3.68に(手順1.b.)アップデートします。ちょうどFW3.65またはFW3.68の場合はこの手順をスキップして2.に進んでください。

1.a. FW3.65へアップグレードする

  1. FW3.65のPSP2UPDAT.PUP(アップデートファイル)をFinalHEのフォルダ(FinalHE.exeと同じ階層)にダウンロードします。
  2. FinalHEのウィンドウに「PS Vitaと接続中」と表示されていることを確認したら、設定アプリを起動して「システムアップデート」→「パソコンに接続してアップデートする」を選択します。画面に「バージョン 3.65」と表示されているのを確認してアップデートを完了してください。それ以外のバージョンが表示されている場合は、これまでの手順を確認してやり直してください。
    2019-03-02-094241

これでFW3.65へのアップデートは完了です。

1.b. FW3.68へアップグレードする

FW3.65のPSP2UPDAT.PUP(アップデートファイル)の代わりにFW3.68のPSP2UPDAT.PUP(アップデートファイル)を使用してください。それ以外の手順はFW3.65の場合と同じです。

2. h-encoreを導入する

2.1. h-encoreをPS Vitaにコピーする

現在FW3.65または3.68のPS VitaがFinalHEに接続されているところまで完了しています。FinalHEに接続されていない場合はコンテンツ管理アプリでUSB/Wi-Fi接続してください。FW3.65または3.68になっていない場合は手順を上から読み直してください。

このまま以下の手順を踏み、FinalHEを用いてPS Vitaにh-encoreをインストールします。

  1. FinalHEのウィンドウに表示されている「h-encoreを約13MBに容量を削減」にチェックを入れ、「スタート」をクリックします。
  2. 数十秒でh-encoreのパッケージの準備が完了します。PS Vitaでコンテンツ管理アプリを起動し、PCからPS Vitaにアプリケーションをコピーする画面に移動します。
  3. リストにh-encoreが表示されているはずです。これをPS Vitaにコピーします。
    2019-03-02-114346
  4. コピーが完了したらホーム画面にh-encoreのアイコンが表示されていることを確認してください。
    2019-03-02-114420

これでh-encoreのインストールが完了です。FinalHEを終了して構いません。

2.2. HENkaku有効化してVitaShellをインストールする

以下の手順により、h-encoreを用いてPS VitaにHENkakuをインストールします。

  1. h-encoreを起動します。直後に「あなたはこのアプリケーションのトロフィーを獲得できません。このアプリケーションを始めますか?」と表示されますが「はい」を押して続行します。
    2019-03-02-091719
    • 起動してもメニューが表示されずホーム画面に戻ってしまう場合はRボタンを押しながら起動してください。
    • 画面が真っ白になるなどして進まなくなった場合は本体を再起動してから再度試してください。
  2. 「Install HENkaku」を○ボタンで選択します。HENkakuがインストールされます。
  3. 「Download VitaShell」を選択してVitaShellをインストールします。
  4. 「Exit」でh-encoreを終了します。
  5. 設定アプリを起動し、「HENkakuの設定」より「リスクのあるユーザープログラムを有効化」にチェックを入れておきます。
    2019-03-02-114829

3. modoruでFW3.60にダウングレードする

現在FW3.65または3.68のPS VitaでVitaShellのアイコンがホーム画面に現れて起動できるところまで完了しています。もしそうなっていない場合は手順を上から読み直してください。

以下の手順を踏んで、modoruというソフトウェアをPS Vitaに導入し、ついにFW3.60へのダウングレードを実行します。

3.1. modoruのインストール

簡単な説明:

modoruのインストールフォルダ ux0:/app/MODORU000/ にダウングレード先のPSP2UPDATE.PUPを配置し、プラグインをすべて無効化した状態でmodoruを実行します。

詳しい手順:
  1. PS VitaをUSBケーブルでPCに接続し、VitaShellを起動します。SELECTボタンを押すとUSB接続が開始します。
  2. PC側でPS VitaがUSBドライブとして表示されているはずなので、エクスプローラでそのドライブを開き、dataフォルダを開きます。
  3. 次のリンクよりmodoruの最新版をダウンロードし、このdataフォルダにコピーします。
    Releases · TheOfficialFloW/modoru · GitHub
  4. FW3.60のPSP2UPDAT.PUP(アップデートファイル)をダウンロードし、同じくdataフォルダにコピーします。
  5. 2ファイルのコピーが完了したらVitaShell側で×ボタンでUSB接続を終了し、「ux0:」「data/」の順に○ボタンで選択して ux0:/data/ を開きます。
  6. modoru.vpkを○ボタンで選択してインストールします。「This package requests extended permissions.」と表示されたら○ボタンで続行します。
  7. ux0:/data/PSP2UPDAT.PUPにカーソルを合わせて△ボタンを押し、「Move」を選択します。
  8. 「..」「app/」「MODORU000/」の順に選択して ux0:/app/MODORU000/ を開きます。
  9. △ボタンを押し、「Paste」を選択するとPSP2UPDAT.PUPが ux0:/app/MODORU000/ に移動されます。
  10. 「..」「..」で ux0:/ に戻り、「tai/」にカーソルを合わせて△ボタンを押し、「Delete」でtaiフォルダを削除します。
  11. VitaShellを終了し、PS Vitaを再起動します。

3.2. modoruを使ってPS Vitaをダウングレードする

  1. h-encoreを起動してHENkakuを有効化しておきます。
  2. ホーム画面から「modoru 戻る」を起動します。
    2019-03-02-100628
  3. 次の画面が表示されたら、×ボタンを押して続行するか、Rボタンを押してmodoruを終了します。
    2019-03-02-093156
    Factory firmwareに3.60より高い値が表示されている場合、残念ながらFW3.60にはダウングレードできません。
    • 現在FW3.65の場合はHENkaku Ensōをインストールすることができます。
    • 現在FW3.68でFactory firmwareが3.65以下の場合はFW3.65にダウングレードしてHENkaku Ensōを導入することができます。
    • Factory firmwareが3.65より新しい場合、非常に残念ながらここまでで導入したFW3.68 + h-encore環境を使い続けることになります。
  4. 続行した場合、最後の確認画面が表示されます。これまでのところmodoruに重大な欠陥は報告されていないようですが、未知のバグや外的要因によってダウングレードに失敗する可能性もあります。自己責任に同意できる場合は20秒後にさらに×ボタンを押して続行します。同意しない場合はRボタンを押してmodoruを終了します。
    2019-03-02-110921
  5. しばらく待つと公式システムアップデータが開始し、FW3.60のインストールが始まります。
  6. アップデータが終了し、再起動が完了すると「システムソフトウェア 3.60」に戻っています。
    2019-03-02-111913

以上でFW3.60へのダウングレードは完了です。

続けてHENkakuやHENkaku Ensōを導入される場合はこちらをどうぞ。
PS VitaにFW3.60 + HENkakuをインストールする・フロントページ

COMMENT (1)

1件のコメントがあります

  1. 2019年5月21日 4:17 AM

    1. FW3.65または3.68へのアップグレード
    のところで私は3.67→3.68にしたいのですが、FinalHEとPS Vitaの接続はできている状態で「パソコンに接続してアップデートする」を選択すると、「最新のバージョンのシステムソフトウェアが
    インストールされています。(C3-12049-6)と出てきて、アップグレードできない状況にあります。
    なにか良い方法はあるのでしょうか?

コメントをどうぞ

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • タグクラウド