VitaShell/molecularShellのFTP接続機能でファイル転送する方法

VitaShell/molecularShellのFTP接続機能でPCとファイルのやり取りを行う方法の簡単なメモです。

主にPCとUSB接続のできないVita TV向けになります。

用意するもの

  • HENkaku導入済みのPS Vita (TV)
  • FTPクライアントソフト。FileZilla Clinentはその一つです。使用方法はソフトにより異なります。

ファイル転送方法

  1. PS Vitaのインターネット接続がオンになっていることと、PCと同じルーターに接続していることを確認します。
  2. molecularShell/VitaShellを起動し、SELECTボタン(DUALSHOCK4のSHAREボタン)を押します。VitaShellの場合は先にSTARTボタンで開ける "Main settings" の "SELECT button" が "FTP" になっているのを確認してください。
  3. FTPサーバーが開始し、 "FTP server is now running at ftp://[ADDRESS]:[PORT]" のような表示が出ます。[ADDRESS]の部分がアドレス、[PORT]の部分がポート番号となります。
  4. PC側のFTPクライアントでこのアドレスとポート番号を使ってサーバーに接続します。
  5. FTPクライアントからファイルのやり取りを行います。インストールしたいパッケージファイルなどのユーザーファイルは ux0:/data/ に転送しておけば間違いはありません。
  6. ファイルのやり取りが完了したら、Vita側では×ボタンでサーバーを終了し、PSボタンでmolecularShell/VitaShellを終了できます。

設定アプリ→ "HENkakuの設定" → "リスクのあるユーザープログラムを有効化" のチェックが入っている場合、FTPクライアントからux0以外のパーティションやシステムファイルにアクセスできますが、動作に必要なファイルを削除しないよう気を付けてください。

COMMENT (0)

Comments are closed.

  • タグクラウド

  • カテゴリー

  • アーカイブ