Trinity ― FW3.69/3.70のPS Vita向けハックがリリース

TheFloWさんにより最新のFW3.69/3.70のPS Vitaに対応したExploit「Trinity」がリリースされています。
GitHub - TheOfficialFloW/Trinity: Trinity Exploit - Emulator Escape

2019-05-06-204412
COMMENT (4)

PS Vitaのゲーム画面をPCにストリーミングしてみよう

vita-udcd-uvcというプラグインを使ってPS Vitaの映像をUSB経由でPCにストリーミングする様子がr/vitahacksで話題になっていて、こちらでも試したところ動作が良好だったので紹介しておきます。

概要

xerpiさんによりリリースされているカーネルプラグインで、PS Vitaのゲーム画面をPCにストリーミングすることができます。PCではUSB接続のウェブカメラと同じUSBビデオクラス(UVC)として認識されるため、カメラアプリ等でストリーミング映像を表示でき、そのまま簡単に撮影・録画することができます。ゲーム画面を動画や画像でPCに記録し管理したいという要望に対応するなどシンプルなプラグインながらなかなか洗練された使用感が提供されます。

COMMENT (0)

Airtimeモジュールでブログをマネタイズして仮想通貨を集め始めた話

たまには仮想通貨の話でも書いてみましょうか・・・お金の話なので胡散臭いかもしれませんが、興味のある方はどうぞ。

COMMENT (0)

「必須」の事前準備をチェックしよう ― PS Vita 3.69/3.70ハックが近々リリース

AdrenalineやVitaShellなどを手掛けるTheFloWさんが開発中と言われてきた3.69/3.70ハックがリリース予定となりました。以下はそのPSA(パブリックサービスアナウンスメント)の翻訳となります。公開前に行っておかなければならない準備も含まれますので、このハックを使おうと考えている方は一通り確認されることをお勧めします。
PS Vita 3.69/3.70 Jailbreak Public Service Announcement · GitHub

COMMENT (0)

PS VitaにFW3.60 + HENkakuをインストールする・フロントページ

PS Vitaに現時点で最もメジャーなカスタム環境であるFW3.60 + HENkaku (Ensō)環境を構成する方法に関するページをまとめたフロントページです。

HENkakuはバージョン3.60から3.68までのFWで実行する方法が用意されており、恒久化パッチであるEnsōは3.60、3.65に提供されています。ソフトウェア互換性の面ではFW3.60が最も良く、またバージョンが古いことによるデメリットは少ないとされています。

そこでここではPS VitaにFW3.60をインストールする方法をまとめています。今のところFW3.68までのバージョンにダウングレードを含めたファームウェアハックの手段が提供されています。

現在のFW FW 3.60をインストールする方法
3.60未満 FW3.60にアップグレードする
3.60 準備OK! HENkakuをインストールする
3.61以上3.68未満 FW3.60にダウングレードする
3.69/3.70 PS Vita 3.69/3.70ハック「Trinity」でHENkakuをインストールする

FW3.60(または3.65)にHENkakuを導入できたら、必須ではないですがHENkaku Ensōを導入してハック環境を恒久化することができます。
FW3.60/3.65のPS VitaにHENkaku ◯ (Ensō) をインストールする

この次のステップとしては、スマホのアプリストアのように手軽にこれまでにリリースされたアプリをブラウジング、インストールできるVita Homebrew Browerの導入がおすすめです。
Vita Homebrew Browser ― HENkaku向けHomebrewストアがついに登場!

COMMENT (0)

Vita TVを任意のファームウェアにアップグレードする

PS Vitaにはコンテンツ管理アシスタントをホストとしてPC経由でアップデートを行う機能が搭載されています。それでコンテンツ管理アシスタントを模したソフトウェアと用意したアップデートファイルで任意のファームウェアにアップグレードする行為がこのシーンでは一般的です。

一方のPS Vita TVはPCにUSB接続できないためかこの機能が搭載されていない代わりに、本体に接続されたUSBメモリからアップデートを行う機能が搭載されています。以下はその方法の解説です。

用意するもの

  • FAT32でフォーマットされた130MBほどの空きがあるUSBメモリ
  • アップグレードしたいPS Vita TV
  • PC
  • アップグレード先のファームウェアファイルPSP2UPDAT.PUP

よくあるアップグレード先としては、FW3.60FW3.65FW3.68があります。

この方法でダウングレードすることはできません。もしかしたらこちらがお探しのものかもしれません。
[FW3.61~3.68対応] PS VitaをFW3.60にダウングレードする方法

簡潔な手順

  1. 用意したPSP2UPDAT.PUPをPSVUPDAT.PUPにリネームし、USBメモリの /PSVITA/UPDATE/ に配置します。
  2. パワーオフ状態のPS Vita TVの電源ボタンをパワーランプが光るまで長押しし、セーフモードで起動します。
  3. 「5. システムソフトウェアをアップデートする」→「USBストレージ機器からアップデートする」を選択します。
  4. 画面の指示に従ってアップグレードを完了します。途中、画面に表示されたバージョンが希望通りのものになっていることを確認してください。

アップグレードが完了して再起動されたら、「設定」アプリ→「システム」→「システム情報」から「システムソフトウェア」のバージョンが希望通りのものになっていることを確認してください。

COMMENT (0)

PS VitaをFW3.68からFW3.65にダウングレードする

modoruでPS VitaをFW3.60にダウングレードしようとしたけれどFactory firmwareに3.60より高い値を示しているという恐怖を味わった方は、Homebrewやプラグインの互換性が少し劣るとされるFW3.65 + HENkaku (Ensō)で妥協することになります。

このページはFW3.68からFW3.60にダウングレードできなかった場合にFW3.65にダウングレードする方法です。つまり次のページの手順を踏んでmodoruがインストール済みであることを前提としています。
[FW3.61~3.68対応] PS VitaをFW3.60にダウングレードする方法

HENkaku初心者の方向けのフロントページはこちら。
PS VitaにFW3.60 + HENkakuをインストールする・フロントページ

COMMENT (0)
  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • タグクラウド