PSOne Loader リリース ― PS Vitaで自炊PS1ゲームの完全エミュレートが可能に

DSC_0229_1

PSOne Loaderがqwikrazor87さんによりリリースされています。従来音声の再生に難有りだったPS Vitaでの自炊PS1ゲームのエミュレーションを解決する新たな解決策となっています。PEOPSとは違い、実機やPSPでのプレイと遜色ない動作が可能です。

PSOne Loaderでは、PS1ゲームに存在するexploitを介して起動するという過去に例のない手法が使われています。つまりPSOne Loaderを使うためには、6.60 TN-Vのように「トリガータイトル」が必要になるわけです。今回公開されたトリガータイトルは「鉄拳2」で、日本版も存在しています。PS1ゲームの完全な音声出力のために617円を払うべきかどうかは各自の判断にお任せします。

TN-Vとの関係性は一見よくわかりませんが、公開されたKernel exploitと鉄拳2のUsermode exploitによって独立して動作する「ゲームローダー」であるため、TN-Vとは関係はないということになるようです。ただしPSOne Loaderに自炊PS1ゲームのインストール機能はないため、ゲームの導入には結局はインストール機能を持ったTN-VなどのCEFまたはVHBLが必要になります。

COMMENT (4)

FW3.18でTN-V10を使うための流れまとめ

DSC_0231

6.60 TN-Vを使うためにはトリガータイトルが必要です。FW3.18で使うならFW3.18でexploitが未対策であるトリガータイトルが必要になります。加えて、今からトリガータイトルを用意するなら、PSストアで未だ削除されていないということが条件になります。

これらの条件を満たす中で、日本のストアで販売されているトリガータイトルは以下の3つです。

※注意: これら3つのうち、グラディエータービギンズとパタポンでTN-V10が動作することを確認しています。パタポン2での動作確認はしていません。

COMMENT (2)

6.60 TN-V10 ― 日本版「剣闘士 グラディエータービギンズ」でFW3.18対応

追記: 今回の内容について新しく書き直しました。この記事の方法では動作しませんので、新しい記事へ移動をお願いします。
FW3.18でTN-V10を使うための流れまとめ - APOLOBOX

最近記事を書く時間はおろか、本当にパソコンを開いている時間がなく、更新が滞っております(更新がないのはいつものことですが)。

さらっと情報を確認していると、ここ最近はどうやらPS Vitaシーンにとって激動の数日となっていたようです。その全ての情報はまだ追いきれていないのですが、その中の一つとしてFW3.18向けにKernel exploitが公開されたこと、FW3.18向けに公開されたUsermode exploit(トリガータイトル)の「剣闘士 グラディエータービギンズ」が日本版も対象であること、他国リージョンに遅れながらも173210さんによって「日本版対応6.60 TN-V10」が公開されたこと、このタイトルがまだ削除されていないことが確認できたので、取り急ぎ簡易版として記事にします。

注意: 確認してみたところ現在公開されたファイルでは動作しないようです。TN-Vでは起動時にホワイトアウト後一瞬グリーンの画面になってから起動というプロセスを踏みますが、このグリーンの画面まで辿り着かずにホワイトアウトしたまま、ゲームのBGMも流れたままで停止します。おそらく修正されると思いますが、この未動作の時点で記事にしたのはトリガータイトルがいつ削除されるかわからないためです。修正を待っていては多くの人にTN-Vが行き届かないかもしれません。\2263と比較的高価のためいつ購入するか、それともしないのかの判断は慎重に行ってください。

COMMENT (0)

6.60 TN-V9 リリース ― PEOPSプラグインでPS1の音声出力が可能に

20140617181700

Total_Noobさんより、PS VitaでXMBを再現し、さらにISO起動やプラグインなどCFWの機能まで実現するCEFの最新版 "6.60 TN-V9" がリリースされています。
今回の更新では、PS1ゲームで音声出力が可能になるプラグイン "PEOPS" のサポートなどが追加されています。
wololo.net/talk ? View topic - [RELEASE] 6.60 TN-V9
Total_Noob Releases TN-V9 | Hackinformer

COMMENT (3)

Total_Noobさんが復帰! 6.60 TN-V9とPS1音声出力プラグイン「PEOPS」をリリースへ

PSP/PS Vitaハックシーンを引退していたTotal_Noobさんがシーンに復帰しました。そして予想外に早い復帰はもう一つの良いニュースとともにやって来ました。6.60 TN-V9と、「PEOPS」と呼ばれるプラグインが近くリリースされる予定です。

PEOPSというのは聞き慣れない単語ですが、Coldbirdさんによって1年以上も前に開発が始まったプラグインで、自炊PS1ゲームの音声出力ができるようになります。これまではPS Vitaで自炊PS1ゲームを遊ぶと音声が出力されず、実質あまり使えない状態でしたが、開発者たちの長期間の尽力でついに完全な状態となって遊ぶことができるようになりそうです。

PEOPSをバンドルした6.60 TN-V9は開発が終わり次第リリースされるとのことです。PEOPSは現在ベータテスターを募集しようかという段階なので、リリースまでもう少しの辛抱となりそうです。

Total_Noob is back, with PEOPS & TN-V9: A Plugin that enables sound for custom converted PS1 games on the PS Vita! - Wololo.net

COMMENT (0)

Total_NoobさんがPSP/Vitaハックシーンを引退へ

Total_NoobさんがPSP/Vitaハックシーンを去ることを発表しました。先日は6.60 TN-V8がTN-Vのラストアップデートになるなどと騒いでいましたが、なんとTotal_Noobさんのリリースとしてもラストになってしまったわけです。

彼の偉業を振り返ってみると、最近のものではCEF 6.60 TN-Vが挙げられます。PS VitaでPSPゲームを動かすのに使用されていたPSPエミュレータで、みごとにXMBを復活してくれました。また、CEFとして初めてリリースされた6.60 TN-Aは、PSPエミュレータにISO起動やプラグインの使用という概念をもたらしました。そのアップデート版であるTN-Cは、日本語版UNOに対応したこともあって、日本でも大きな盛り上がりをみせました。Total_NoobさんはVita(PSPエミュレータ)シーンではもっとも影響力のある人物だったと言って間違いないでしょう。

また、それ以前にはPSPハックシーンで一時代を築いた功績もあります。2010年のクリスマスには、PSP-3000やPSP go向けに6.20 TN (HEN)をリリースしました。当時はISO起動に対するスタンスなどいろいろ問題にもなりましたが、6.20 TNはPSP-3000やPSP goに、FW6.XX世代のLCFWのベースをつくりました。

思い返せば、FW6.20時代からPSPエミュレータハックに至るまで、シーンはTotal_Noobさんを中心に動いていたのかもしれません。少なくとも2010年からこのブログを続けている私にとっては、彼が間違いなく主役でありました。

これがTotal_Noobさんのタグをつける最後の記事になるかもしれないと思うと名残惜しいですが、活躍の場が変わったとしても、その才能にこれからも期待するばかりです。またいつか、シーンに復帰することもちょっとだけ期待しています。

Total_Noob Has Left The PSP/Vita Hacking Scene ・ Wololo.net

COMMENT (0)

CEF 6.60 TN-V8 リリース ― TN-Vラストアップデートに

20140310010913

Total_Noobさんより、PS VitaでXMBを再現し、さらにISO起動やプラグインなどCFWの機能まで再現する "CEF 6.60 TN-V8" がリリースされています。
今回の更新では、in-XMB FTP機能やInferno Driverの追加、PSP Filerが起動しないバグの修正などが行われています。おそらくこれがTN-Vとしての最後のアップデートになるということです。
wololo.net/talk ? View topic - [RELEASE] 6.60 TN-V8
Total_Noob’s last update for TN-V | Hackinformer

COMMENT (0)
  • プロフィール

  • PVカウンター

  • アーカイブ

  • カテゴリー