Rejuvenateをめぐる動きが強まる ― 対応を迫られるSCEとYifan氏の計画

Rejuvenateの発展に怒涛の勢いを見せるハッカー・デベロッパーサイドと、対応を迫られるSCEサイドのそれぞれに、存続をかけた動きがありました。

Rejuvenateは新たに誕生したPS VitaのネイティブHomebrewプラットホームで、PlayStation Mobileと比べ、開発や配布が無料であったりネイティブで動作することで注目を集めています。

Rejuvenateをめぐる問題には大きく分けて2つあると考えます。1つはPSPの当時のようにたくさんのHomebrewに恵まれ、大きなコミュニティを形成できるかということで、こちらはデベロッパー次第で明暗が別れるところでしょう。もう1つはRejuvenateの発展を待たずに終息することになりはしないかということです。SCEはすでにRejuvenateのキーアイテムともいえるPlayStation Mobile Developer Assistant(PSM Devアプリ)をPSNから削除し、新規ユーザーの増加は一見不可能な状況にもみえます。

そんな中、後者の問題について、両サイドで動きがありました。SCEはパブリッシャーライセンスを保持するアカウントに対し、「PSM Development Assistant /PSM Development Assistant for Unityの使用停止および削除のお願い」というタイトルのメールを送信。
screenshot-thunderbird001

本日より配信されているFW3.52ではPSM Devアプリが使用できなくなると記されています。ハック対策を講じるのは過去を鑑みても普通のことですが、今回はPS Mobile終了にむけてのスケジュールが発表されていたにもかかわらず、アプリ配信停止やアップデートによりアプリが使用不可になるなどの予定外の対応により、正規のPSMデベロッパーまでをも巻き込んだ形となりました。

このメールから、たとえRejuvenateが海賊行為を助長する可能性がなくても、SCEはその対策に全力を尽くす構えであることが読み取れます。

一方でRejuvenate生みの親であるYifan LuさんはFW3.52について次のようなツイートを投稿。

Rejuvenateを実行したいようなことがあるなら、絶対に3.52にアップデートしないでください。たとえPSM DevAssistantをダウンロードできなかったり使えなかったりしたとしても、3.52は今回見送ってください!

このツイートから読み取れるのは、Yifanさんが隠し持つ手立てのうちに、まだPSM Devアプリを入手する方法があるのではないかということです。もしそうであれば先日のラストチャンスにも間に合わなかった人たちにもPSM Devアプリが手に入る可能性があります。

PSPの時代からずっと繰り広げられているSCEとハッカーのイタチごっこがまた活発化しそうです。企業としての意地を見せたいSCEと、未だ手の内が明らかにならないYifanさん、どちらがより遠くの未来を見ているのでしょうか。今後の展開に注目が集まります。

COMMENT (0)

[PS4] システムソフトウェア Ver.1.70 配信開始 ― SHAREfactoryの追加やニコニコ生放送対応など

DSC_1035

PS4のFW1.70の配信が開始されています。SHAREfactoryの追加やニコニコ生放送対応のほか、文字を打つのが面倒なほどの多くの機能が追加された大型アップデートとなっています。

更新内容

主な更新内容

  • コンテンツエリアに[SHAREfactory]が追加されました。シェアファクトリーは、PS4に保存したビデオクリップにコメントやステッカーを追加したり、音楽や背景を変更したりできるアプリケーションです。
  • PS4に保存したスクリーンショットやビデオクリップをUSBストレージ機器にコピーできるようになりました。
  • ニコニコ生放送を使ってブロードキャストできるようになりました。
  • UstreamおよびTwitchを使ったブロードキャストで、画質に[最高(HD)]が追加されました。
  • ブロードキャストをオンラインサービスに保存できるようになりました。詳しくは、オンラインサービスのWebサイトを御覧ください。
  • [設定] > [周辺機器] > [コントローラー]に[DUALSHOCK4のライトバーの明るさ]が追加され、DUALSHOCK4のライトバーの明るさが調整できるようになりました。
  • [設定] > [システム] に [HDCPを有効にする]を追加しました。
COMMENT (0)

[PS Vita] システムソフトウェア Ver.3.15 配信開始 ― Vita TVがPS4リモート接続に対応

2014-04-30-161550

PS VitaのFW3.15の配信が開始されています。今回のアップデート内容はPS Vita TVのPS4リモート接続の対応がメインです。

更新内容
  • PS4リンクのリモートプレイ機能で、PS4の登録をインターネット経由で自動でできるようになりました。
  • PS4リンクがホーム画面に追加されました。(PS Vita TV) このアプリケーションはPlayStation 4と接続して使います。

このアップデートに合わせて、PS4は大型アップデート、スマートフォン向けにもPlayStation Appのアップデートが提供される予定です。ちなみに公式サイトはまだFW3.15の内容には更新されていないようです。公式サイトもFW3.15に更新されています。
PlayStationRVita/PlayStationRVita TV システムソフトウェア アップデート | プレイステーションR オフィシャルサイト

COMMENT (0)

[PS Vita] システムソフトウェア Ver.3.12 配信開始、特定の容量のメモリーカードで強制再起動する問題の修正

2014-03-28-180004

先日のFW3.10に続き、はやくもFW3.12の配信が開始されています。
PlayStationRVita/PlayStationRVita TV システムソフトウェア アップデート | プレイステーションR オフィシャルサイト

更新内容
  • システムソフトウェアにおいて、動作の安定性を改善しました。
特定の容量のメモリーカードで強制再起動する問題を修正

SCE公式はいつもどおりの曖昧な更新内容ですが、実のところは、32GB/64GBのメモリーカードを挿入してPS Vitaを起動すると強制的に再起動がかかってしまうなどの不具合が発生していたようです。この不具合がFW3.12で修正されています。
PS Vita mandatory firmware 3.12 available ? Fixes memory card problems ・ Wololo.net

COMMENT (0)

[PS Vita] システムソフトウェア Ver.3.10 配信開始 ― カレンダー機能追加など大型アップデートに

2014-03-25-224524
PS VitaのFW3.10の配信が開始されています。

主な更新内容

  • ゲーム
    • PS Vita TVでPlayStationRMobile規格ソフトウェアが遊べるようになりました。
  • メッセージ
    • ボイスメッセージを送受信できるようになりました。
      メッセージの入力画面で添付を選び、画面に従って操作してください。
  • カレンダー
    • カレンダーを追加しました。ホーム画面から起動できます。
      予定を管理するアプリケーションです。予定を作成するときにゲームなどのアプリケーションやフレンドの情報を追加したり、その予定をメッセージやEメールを使って送ったりできます。また、Googleカレンダーを同期することもできます。
  • コンテンツ管理
    • LiveArea?に[メモリーカードのコンテンツを管理する]を追加し、メモリーカードの利用状況を確認したり、アプリケーションやセーブデータを削除したりできるようになりました。(この機能の追加により、設定 >[アプリケーションデータ管理]を削除しました。)
  • その他
    • ホーム画面に表示できるアプリケーションのアイコンが最大500個になりました。(フォルダー内のアイコンも含めた数です。)
    • PS Vita TVを、ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCKR4)で操作できるようになりました。
COMMENT (0)

[PS Vita] システムソフトウェア Ver.3.00 配信開始

2013-11-05-214114
PS Vita用システムソフトウェア Ver.3.00のアップデートが配信開始されています。

主な更新内容

  • PS4リンク(PS4リンク)
    • PS4リンク(PS4リンク)?を追加しました。ホーム画面から起動できます。
      本機を使って離れたところにあるPlayStationR4を遠隔操作するリモートプレイや、PS4?でゲームを遊んでいるときに本機に情報を表示するセカンドスクリーンを利用できるアプリケーションです。
      PS Vita TVは、この機能に対応していません。
  • ペアレンタルコントロール(ペアレンタルコントロール)
    • ペアレンタルコントロール(ペアレンタルコントロール)?を追加しました。ホーム画面から起動できます。
      お子様の遊ぶ時間や利用する機能、年齢制限のあるゲームやビデオの利用を、保護者の方が必要に応じて管理できるアプリケーションです。?各項目の設定を変更するには、はじめてペアレンタルコントロール(ペアレンタルコントロール)?を起動したときに設定するパスコードの入力が必要になります。
  • フォト(フォト)
    • LiveArea?にパノラマカメラ(パノラマカメラ)を追加しました。?
      全天球や広角など撮影モードを切り替えてパノラマ写真を撮影したり、見たりできるようになりました。
      PS Vita TVは、この機能に対応していません。
  • フレンド(フレンド)
    • レイアウトを改善しました。
  • メッセージ(メッセージ)
    • グループメッセージング(グループメッセージング)の名称とアイコンを、メッセージ(メッセージ)に変更しました。
    • レイアウトを改善しました。
    • PS4?やPlayStationRAppを使っているフレンドやプレーヤーと、メッセージを送受信できるようになりました。
  • パーティー(パーティー)
    • パーティー(パーティー)のアイコンを、パーティー(パーティー)に変更しました。
    • PS4?を使っているフレンドやプレーヤーと、ボイス/テキストチャットができるようになりました。

その他の更新内容はこちらから。
PlayStationRVita/PlayStationRVita TV システムソフトウェア アップデート | プレイステーションR オフィシャルサイト

COMMENT (0)

[PS Vita] システムソフトウェア Ver.2.60 配信開始

2013-08-06-135951
PS Vita用システムソフトウェア Ver.2.60のアップデートが配信開始されています。

更新内容

公式サイトがまだFW2.60に更新されていないため、更新内容の全容は不明です。ここではアップデート前に表示されるものを丸写ししておきます。

  • オンラインストレージへのセーブデータのアップロードやダウンロードが簡単にできるようになりました。それぞれのアプリケーションのLiveAreaでPlayStation Plusアイコンを選んでください。(PlayStation Plusへの加入が必要です。)
  • [ビデオ]や[ミュージック]で、接続された機器(PS3、パソコン、nasne)上に保存されたコンテンツを再生できるようになりました。
  • PSボタンを押し続けた時に表示されるメニューに項目が追加されました。
  • 設定に[周辺機器]が新たに追加されました。これにともなって、[Bluetooth 設定]が[周辺機器]に移動しました。
  • その他、多くの機能で使い勝手を向上させました。

ここ最近の安定性改善のアップデートとは違い、大型とも言える機能の追加が目立ちます。

COMMENT (2)
  • プロフィール

  • PVカウンター

  • アーカイブ

  • カテゴリー