6.61 Adrenaline for HENkaku リリース ― PS VitaにPSPを復活させよう

DSC_0006

TheFloWさんによりAdrenalineがリリースされています。これはPS Vitaに標準搭載されているPSPエミュレータ向けのCFWで、XMBの表示やHomebrew/バックアップの起動、プラグインの使用などのハックをHENkaku環境で再現することができます。
TheFloW on Twitter: "Surprise! 6.61 Adrenaline released! https://t.co/668UkPA55D https://t.co/TXzBKb3Ehb"

ベータ版のHENkaku Revision 7が必要なためしばらく様子を見ていましたが、それほど大きな問題はなさそうなので遅ればせながら紹介します。

目次

Adrenalineの概要

先に述べたように、AdrenalineはHENkakuハック環境で使用できる、PS VitaのPSPエミュレータ向けのCFWです。CFWを導入したPSPの機能をPS Vita上で再現することができます。旧来からのハックユーザーには説明不要かもしれませんが、CFWによって実現される機能の例は次のような感じです。

  • XMBの復活
  • PSP向けのHomebrewの起動
  • PSPゲームのバックアップ(ISO/CSO)起動
  • PSP向けのプラグインの使用

さらに、Adrenalineには次のような目新しい特徴があります。これはPS VitaのネイティブハックであるHENkakuの恩恵によるものと言えます。

  • PS VitaのアプリケーションとしてXMBを起動できる
  • 複数の種類のグラフィックフィルタリング
  • PS Vita標準のスクリーンショット機能が使える

なお、作者は学校のテスト期間のため来年2月まで活動を再開できないことから、以下の機能についてはしばらく実装されません。

  • 64MB RAM
  • PS1ゲームのサポート
  • ur0パーティションをメモリースティックとして使用
  • セーブステートの搭載

注意

Adrenalineは安定版であるHENkaku Revision 6ではなく、ベータ版であるRevision 7の上でのみ動作します。そのためPS Vitaの動作が不安定になったり、報告されていない重大なエラーに見舞われる可能性があります。自己責任において利用してください。

また、HENkakuハック全般に言えることですが、AdrenalineやHENkakuに問題がなくても、間違った操作によりPS Vitaがブリック(起動不可、文鎮化)することがあり得ます。十分に注意してください。

導入できる環境

誤解のないよう、Adrenalineを導入できる環境を確認しておきましょう。

  • FW3.60以下のPS VitaまたはVita TV(HENkakuを導入できること)
  • Adrenalineに置き換えてもよい適当なPSPゲームをインストールしていること

Adrenalineに置き換えられたPSPゲームのアイコンをタップして起動すると、そのゲームではなくAdrenalineが起動するようになります。

HENkakuについてご存じない方はこちらのページを読んで予習しておくことをおすすめします。
HENkaku(変革) 導入ガイド - APOLOBOX

FW3.60へのアップデート方法はこちら。
HENkakuのためにPS Vitaを最新でなくなったFW3.60へアップデートする方法 - APOLOBOX

Adrenalineの導入方法

HENkakuベータ版とVita Shellのインストール

Adrenalineの動作に必要なHENkakuのベータ版をインストールし、システムファイルを変更するためにVita Shellというファイラーアプリをインストールします。

  1. PS Vitaのブラウザから http://beta.henkaku.xyz にアクセスし、HENkakuのベータ版をインストールします。安定版のHENkakuが動作している場合は再起動して無効化してから操作を行ってください。
  2. molecularShellというアプリがホーム画面に現れるので、これを起動します。STARTボタンを押して 'HENkaku settings' を開き、'Enable unsafe homebrew' を 'On' に切り替えます。
  3. Vita Shellの最新のパッケージファイルを次のページからダウンロードし、molecularShellを使ってインストールします。アプリのインストール方法は上記の導入ガイドで紹介しています。
    Releases · TheOfficialFloW/VitaShell · GitHub

Adrenalineのインストール

Vita Shellを用いてAdrenalineに必要なファイルの配置を行います。

  1. 次のページよりAdrenalineをPCにダウンロードし、展開します。adrenalineというフォルダがあることを確認してください。
    adrenaline_fix2
  2. プレイステーション公式サイトを開き、PSP-1000/2000/3000向けの6.61アップデータをダウンロードします。
  3. アップデータはEBOOT.PBPというファイル名です。これを661.PBPにリネームし、先ほど確認したadrenalineフォルダに移動します。
  4. Vita ShellのFTP機能を用いて、このadrenalineフォルダを ux0:pspemu/ へコピーします。フォルダやファイルのコピー方法は導入ガイドに書いた通りです。
  5. 今度は ux0:tai/config.txt をPCに持ってきます。TeraPadなどのテキストエディタでconfig.txtを開きます(メモ帳だと改行が崩れます)。
  6. ここでconfig.txtに以下のようにAdrenalineを設定する*1のですが、これは '*KERNEL' という行を探して、その下に 'ux0:pspemu/adrenaline/adrenaline.skprx' という行を追加するという意味です。もし下に他に何か書かれていたら、消さずに改行して更にその下に追加します。
    
    *KERNEL
    ux0:pspemu/adrenaline/adrenaline.skprx
    
  7. 続いて以下のように設定しますが、'*TITLEID' という行はないのでファイルの最後に追加しましょう。そして先ほどと同じようにして2行を追加します。
    
    *TITLEID
    vs0:sys/external/libpgf.suprx
    ux0:pspemu/adrenaline/adrenaline.suprx
    
  8. 'TITLEID' の部分を「Adrenalineに置き換えてもよい適当なPSPゲーム」のタイトルIDに置き換えます。例えばタイトルIDが 'NPJG90047' の場合は、'*TITLEID' が '*NPJG90047' に変わります。タイトルIDはQCMAでPCにコピーしたときのフォルダ名などから確認できます。
  9. config.txtを保存して、ux0:tai/ に戻します。元のconfig.txtはリネームするなどしてバックアップしておいたほうがいいでしょう。
  10. PS Vitaを再起動して次にHENkakuを有効化すると、そのPSPゲームからAdrenalineが起動するようになっています。

Adrenalineの使い方

使い方と言ってもXMBの使い方はご存知でしょうし、TN-VやPSP時代のCFWの考え方がほぼそのままです。このブログの過去のCFWなどの記事を読んでいろいろ試してみてください。PCとのFTPを用いたファイルのやり取りを除けば参考にしていただけると思います。ただし過去のプラグインは使えないものが多いかもしれません。

さて、Adrenalineの終了の仕方だけここに書いておきます。PSボタンを長押しすると表示されるクイックメニューの、「設定」をタップするとAdrenaline Menuが開かれます。'Exit PspEmu Application' を選択するとAdrenalineが終了します。ただし決定は×ボタンです。

参考画像や詳しい使い方については追加したいですが、完了時期は不明ということでお願いします。スクリーンショットに対応しているのでわりと捗るかも。

脚注

  1. ^ ux0:tai/config.txtはHENkakuにプラグインを設定するためのファイルです。プラグインはtaiHENkakuと呼ばれるHENkakuの大型アップデートで追加される予定の機能で、現在ベータ版でこの機能を使用できます。'*' で始まる行はセクションの開始を意味し、そのあとにタイトルIDなどを記述することでセクションの作用箇所を指定します。次の '*' までが1つのセクションです。セクション内に1行ずつプラグインへのパスを記述します。'#' で始まる行はコメントです。つまり、AdrenalineはKERNELとベースとなるPSPゲームの両方に作用するHENkaku用のプラグインだといえます。大変革
COMMENT (0)

コメントをどうぞ

※コメントをすぐに表示したい場合は本文にURLを含めないでください。

  • プロフィール

  • PVカウンター

  • アーカイブ

  • カテゴリー