CEF 6.60 TN-V7 リリース

追記: 6.60 TN-V7.3がリリースされています。更新内容など詳細はこちらから。
CEF 6.60 TN-V7.3 リリース - PSP Hack Evolution


20130311213259

Total_Noobさんより、PS VitaでXMBを再現し、さらにISO起動やプラグインなどCFWの機能まで再現する "CEF 6.60 TN-V7" がリリースされています。
今回の更新では、XMBから直接プラグインを有効/無効化する機能の追加や、その他NoDRMエンジンの追加、いくつかのバグフィックスなどが行われています。
wololo.net/talk ? View topic - [RELEASE] TN-V7

目次

更新内容

  • NoDRMエンジンを追加。DLCなどのプレイが可能に
  • "PLUGINS MANAGER" をVSH Menuに追加。XMBでプラグインの有効/無効化の切り替えが可能に
  • "Restore 'QSP' folder" をRecovery Menu(Advanced->)に追加。
  • PARAM.SFOにDISC_IDがないHomebrewをサポート。RIN emulatorなどの動作が可能に
  • 6.60モジュールがインストールされていなければRecovery Menuが自動的に起動するようチェック機能を追加
  • 静的ELFのロードの不具合を修正。
  • "Hide exploit game" を有効にしているのにkxploit'ed/1.50 homebrewsが非表示にならないバグを修正
  • ISOファイルの配置上限を32から128に増加
  • システムの安定性を向上
  • "Allow anti-CFW games" をRecovery Menuから削除。DJ MAX Portable 3を起動するための機能だったが、この機能がなくても完全に動作する
  • このバージョンからアップデート時にTN-Vの設定変更が保持されるように改善

6.60 TN-V7について

6.60 TN-V7はPS Vitaに搭載されているPSPエミュレータ上で動作するCFW(=CEFまたはeCFW)です。PS VitaでXMBを完全再現し、CFWを導入したPSPと同じようにISO/CSOやHomebrewの起動、プラグインの動作などが可能になります。主な機能は以下のとおり。

このTN-V7はKernel Exploitにより動作しますが、そのKernel Exploitを実行するためにトリガータイトルを経由する必要があります。トリガータイトルとはUsermode exploitのあるゲームタイトルのことです。今回この記事で紹介するのは、「家庭教師ヒットマンREBORN!バトルアリーナ2 スピリットバースト」をトリガーとして使用し、FW3.01のPS Vitaで6.60 TN-V7を利用する方法です。このゲームのUsermode exploitは173210さんとPatchouliさんにより発見されたものです。

FW3.01のPS VitaでCEF 6.60 TN-V7を動作させたい場合、「家庭教師ヒットマンREBORN!バトルアリーナ2 スピリットバースト」を購入してインストールしていることが必須条件になりますが、そのゲームはすでにPSストアから削除され、購入も再ダウンロードもできなくなっています。この記事を読んでいる時点でPS Vitaにインストールされていない場合は諦めるしかありません。

この記事ではその他のトリガータイトル、FW向けの解説はありませんが、導入後の使い方に関しては同じです。FW2.61で「実況パワフルプロ野球 2012決定版」を使用してCEF 6.60 TN-V7を動作させる方法はこちらで紹介しています。
CEF 6.60 TN-V7 導入方法 ― 実況パワフルプロ野球 2012決定版編 - PSP Hack Evolution

導入に必要な環境

  • FW3.01がインストールされているPS Vita
  • 「家庭教師ヒットマンREBORN!バトルアリーナ2 スピリットバースト」をPSストアで購入し、PS Vitaにインストールしていること
  • コンテンツ管理アシスタントが動作するPC(Windows版コンテンツ管理アシスタントのバージョン3.00.7187.47で動作確認済み)
  • ※コンテンツ管理アシスタントやPS Vitaをアップデートせずに使い続けるため、OpenCMAを導入しておくこと、Wi-Fiをオフにしておくことを強く推奨します。
    OpenCMA r5 - PSP Hack Evolution

導入方法

[推奨]ネットワークアップデートで導入

すでにTN-V4を導入済みの場合、ネットワークアップデートを使って簡単にTN-V7にアップデートすることができます。とくに理由がない限りはこちらの方法での導入が推奨されています。TN-V7で初めて導入する場合などは後述の "手動で導入" を参照してください。

  1. "システムアップデート" を選択します。
    20131221094332
  2. "インターネット経由でアップデート" を選択します。
    20131221094338
  3. ネットワーク接続の作成を促される場合がありますが、PS Vitaで設定されたWi-Fi設定が自動で使用されるようになっていますので、この作業はまじめに行う必要はありません。"[新しい接続の作成]" → "手動で入力する" を選択し、SSIDは空欄のまま、ワイヤレスLANセキュリティー設定は "なし"、アドレス設定は "かんたん"、接続名の設定は適当に(1文字でも構いません)入力してください。この設定を保存します。
    20131221101206
  4. 作成した設定でネットワークに接続すると "最新のバージョンが見つかりました。" と表示されるはずです。○ボタンを押してダウンロードを開始し、ダウンロードが完了したら○ボタンをを押してアップデートを開始します。
    20131221094447
  5. TN-V7アップデータが起動します。決定は×ボタンです。指示に従ってインストールを行ってください。
    DSC02494
  6. アップデートが完了するとXMBが起動します。本体情報を確認し、"6.60 TN-V7" と表示されていたら導入は完了です。
    20130311213259

手動で導入

  1. PlayStation公式サイトよりFW6.60アップデータをダウンロードし、EBOOT.PBPを660.PBPにリネームします。
    PSPR「プレイステーション・ポータブル」 システムソフトウェア アップデート パソコン経由でアップデート | プレイステーションR オフィシャルサイト
  2. 以下のページの一番下あたりの "Reborn: JP" よりexploitセーブデータをダウンロードし、解凍してできたULJS00218SYSTEMフォルダに660.PBPをコピーします。
    TN-V4 Downloads | Hackinformer
  3. 以下のページより6.60 TN-V7本体をダウンロードし、解凍してできた TN.BIN と FLASH0.TN を ULJS00218SYSTEMフォルダにコピーします。
    wololo.net/talk ? View topic - [RELEASE] TN-V7
  4. ULJS00218SYSTEMフォルダをコンテンツ管理アプリでセーブデータとしてPS Vitaへコピーします。
    2013-12-17-141517

起動方法

  1. ホームメニューより「家庭教師ヒットマンREBORN!バトルアリーナ2 スピリットバースト」を起動します。
    2013-12-17-141533
  2. タイトル画面 → "バトルアリーナ" → "沢田 綱吉" → "スピリットカード" → "お気に入りカード" と順に選択していきます。
    20131215211539
  3. 初回起動時のみTN Recovery Menuが表示されます。ここでは決定は×ボタンです。"Advanced ->" を開き、"Install 6.60 files" を選択すると、TN-V7で必要なFW6.60のモジュールが ms0:/flash/ にインストールされます。
    DSC02446
  4. 完了したら "Back" → "Exit" と進んでいき、Recovery Menuを終了します。
  5. XMBの初期設定画面が表示されたら導入は完了です。初期設定を済ませてください。起動2回目からは手順2.のあとXMBが表示されます。
    20131217052909

操作方法

操作方法は通常のXMBと同じなのでいまさら説明することはありませんが、TN-V7固有の操作が少しだけありますので説明しておきます。

ボタン 動作
SELECTボタン(XMB時のみ) TN VSH Menuの表示(詳細は後述)
PSボタン長押し(ゲーム起動中のみ) ゲーム終了確認画面の表示(PSPのPS(HOME)ボタンの役割です)

コンテンツの導入

自作ソフト(自炊PS1ゲーム含む)、ISO/CSO、プラグインをTN-V7で使用するための導入方法です。以下は何やら複雑な手順にも思えますが、要は決められた位置に決められたファイルを配置しているだけで、やり方にこれといった決まりがあるわけではありません。後のほうで紹介するVita FTPを使えば、コンテンツ管理アプリを介さずファイルの導入が行えるので、場合によってはそちらが楽かもしれません。

自作ソフト(自炊PS1ゲーム含む)の導入

最終目標は ms0:/PSP/GAME/[任意のフォルダ名]/FBOOT.PBP です。以下の方法では導入過程で自動的にEBOOT.PBPをFBOOT.PBPにリネームしてくれますが、それ以外の方法で導入する場合、手動でリネームするのを忘れないようにしてください。

ここではPSP Filerを例に、TN-V標準の機能を使って自作ソフトを導入方法していきます。Filerは後々に便利に使えますので導入しておいて損はありません。

  1. 導入したい自作ソフトを用意します。PSP Filerはこちらからダウンロードできます。
    PSP filer version6.6
  2. 適当な場所にPSPフォルダを作成し、その中にGAMEフォルダを作成、さらにその中に自作ソフトの本体であるEBOOT.PBPの入ったフォルダをコピーします。PSP/GAME/ に複数の自作ソフトを配置することも可能です。PSP Filerの場合は filer6.6.zip/release/GAME/ にあるFILERフォルダが今回使用するフォルダです。
  3. 圧縮ソフトを使って、PSPフォルダをzipに圧縮します。圧縮レベルは「無圧縮」にしてください。今回は圧縮ソフトに7-Zipを使用しています。ファイル名は半角英数大文字で、拡張子より前の部分が8文字以内になるようにします。例えばPSPFILER.ZIPはOK、PSPFILER.zipは小文字が含まれているのでダメ、PSPFILER2.ZIPは8文字を超えているのでダメといった具合です。コンテンツ管理アプリではこの決まりを守っていないファイルが扱えない仕様になっています。
  4. [任意のファイル名].ZIP/PSP/GAME/[任意のフォルダ名]/EBOOT.PBP というファイル配置になっていることを確認し、ZIPファイルをTN-V7本体のセーブデータフォルダ(ULJS00218SYSTEMフォルダ)に移動します。
  5. そのULJS00218SYSTEMフォルダをコンテンツ管理アプリでセーブデータとしてPS Vitaへ転送します。
    2013-12-17-141517
  6. ここで6.60 TN-V7を起動します。"ゲーム" → "メモリースティック" に導入したい自作ソフトのアイコンが表示されているはずです。そのアイコン上で△ボタンを押し、"Install" を選択します。"Do you want to install?" と表示されたら "はい" を選択します。
    20131217142130
  7. インストールが完了すると、 "Do you want to delete the file?" と表示されます。"はい" を選択すると元のZIPファイルは削除されます。"いいえ" を選択した場合は消去されずにそのまま残ります。
  8. インストールを反映させるため、一旦ビデオやミュージックの "メモリースティック" を開くか、TN VSH Menuから再起動を行ってください。
  9. これで自作ソフトの導入は完了です。アイコンを○ボタンで選択すれば自作ソフトを起動できます。
    20131217142308

ISO/CSOファイルの導入

最終目標は ms0:/ISO/[ファイル名].ISO (.CSO) です。ISO/CSOファイルもTN-V標準の機能を使って導入方法していきます。ISOファイルの吸い出し方法はこちら。

  1. 起動したいゲームのISO/CSOファイルを用意します。ここでもコンテンツ管理アプリを経由するので、ファイル名は半角英数大文字で、拡張子より前の部分が8文字以内になるようにします。拡張子もちゃんと大文字にしておいてください。
  2. リネームが完了したISO/CSOファイルをTN-V7本体のセーブデータフォルダ(ULJS00218SYSTEMフォルダ)に移動し、そのフォルダをコンテンツ管理アプリでPS Vitaへ転送します。
    2013-12-17-141517
  3. 6.60 TN-V7を起動します。"ゲーム" → "メモリースティック" に起動したいゲームのアイコンが表示されているはずです。そのアイコン上で△ボタンを押し、"Install" を選択します。"Do you want to install?" と表示されたら "はい" を選択します。
    20131217142316
    ※このインストール作業を行わなくても(=ISO/CSOファイルがULJS00218SYSTEMフォルダに入ったままでも)起動は行えますが、今後ULJS00218SYSTEMフォルダをやりとりするときにサイズの大きいファイルは邪魔になるので、やはりコピー推奨です。
  4. インストールが完了すると、 "Do you want to delete the file?" と表示されます。"はい" を選択すると元ファイルは削除されます。"いいえ" を選択した場合は消去されずにそのまま残ります。
  5. インストールを反映させるため、一旦ビデオやミュージックの "メモリースティック" を開くか、TN VSH Menuから再起動を行ってください。
  6. これでISO/CSOファイルの導入は完了です。アイコンを○ボタンで選択すれば起動できます。
    20131217142845

プラグインの導入

最終目標は ms0:/seplugins/[ファイル名].prx です。このファイルパスを記述した vsh.txt / game.txt / pops.txt を ms0:/seplugins/ に配置するのも忘れないようにしてください。以下の方法ではTN-V7標準のプラグインインストール機能を使って導入していきます。CXMBDayViewerLEDAに関してはTN-V7に同梱されているものを使用してください。

  1. 導入したいプラグイン(拡張子は.prx)を用意します。さらに、そのプラグインをXMBで使いたいならvsh.txt、自作ソフトやISO/CSOプレイ中に使いたいならgame.txt、PS1ゲームで使いたいならをpops.txtを必要に応じて作成しておきます。
  2. 作成したテキストファイルに次の内容を記述して保存します。[プラグイン名]のところは導入するプラグインのファイル名を確認して、各自で置き換えてください。
    ms0:/seplugins/[プラグイン名].prx 1
  3. sepluginsフォルダを作成し、そこにプラグインのPRXファイルと作成したテキストファイルをコピーします。
  4. sepluginsフォルダをZIPに圧縮します。圧縮レベルは「無圧縮」にします。ZIPファイル名は半角英数大文字で、拡張子より前の部分が8文字以内になるようにします。また最初の2文字は必ず "P_" にしてください。拡張子もちゃんと大文字にしておいてください。
  5. このZIPファイルをULJS00218SYSTEMフォルダにコピーし、コンテンツ管理アプリでセーブデータとしてPS Vitaへ転送します。
  6. TN-V7を起動し、Recovery Menu -> Plugins -> Plugins installer- > に移動します。
  7. "Install P_******.ZIP" (******は自分でつけたファイル名)を選択すると、インストールが始まります。
    DSC02482
  8. インストール完了後、Recovery Menuを終了するとそれ以降プラグインが有効化されるはずです。

Vita FTP

20121119131832

PS Vitaの仕様上、何をコピーするにもコンテンツ管理アプリを介して行わなければならないというのは面倒なものですが、Vita FTPというHomebrewを使えば、PSPエミュレータで使用される仮想メモリースティックをFTPサーバー化し、PC側からワイヤレスでファイルを操作することができます。
Vita FTP ― PS VitaをFTPサーバ化してファイル送受信を便利に - PSP Hack Evolution

VSH Menu

VSH Menuでは、TN-V7の設定の変更や、スリープ、再起動などの操作を行うことができます。VSH Menuの表示はXMBでSELECTボタン、カーソル移動は十字キー↑↓、設定の変更は十字キー←→です。メニューの終了は一番下の "EXIT" か、再度SELECTボタンで行えます。
20131217142413

項目名 説明
CPU CLOCK XMB XMB上でのCPUクロック数を変更します
CPU CLOCK GAME ゲーム上でのCPUクロック数を変更します
UMD ISO MODE ISO起動に使用するDriverを選択します
VSH MENU COLOR VSH MENUの背景色を選択します
TN RECOVERY MENU TN Recovery Menuに移動します。
PLUGINS MANAGER
****.prx [VSH] vsh.txtに記述されているprxファイルを有効/無効化します
****.prx [GAME] game.txtに記述されているprxファイルを有効/無効化します
****.prx [POPS] pops.txtに記述されているprxファイルを有効/無効化します
SUSPEND DEVICE スリープモードに移行します
RESTART VSH XMBを再起動します
EXIT VSH MENUを終了します

Recovery Menu

Recovery MenuではTN-V7の詳細な設定を変更できます。VSH Menuの "RECOVERY MENU" を選択すると表示されます。またTN-V7起動時にRボタンを押しながら "お気に入りカード" を選択することでもRecovery Menuを起動できます。カーソル移動は十字キー↑↓、設定の変更や決定は×ボタンです。メニューを終了する場合は先頭に戻って "EXIT" を選択します。
DSC02442

項目名 説明
Configuration ->
Skip Sony logo TN-V7起動時に表示されるSony Computer Entertainmentのロゴをスキップします
Skip gameboot ゲーム起動時に表示されるGAMEBOOTをスキップします
Hide corrupt icons XMBのゲーム一覧の破損したゲームを非表示にします
Hide MAC Address 本体情報に表示されるMACアドレスを00:00:00:00:00:00に偽装します
Autorun program at /PSP/GAME/BOOT/FBOOT.PBP TN-V7起動時にXMBではなくms0:/PSP/GAME/BOOT/FBOOT.PBPを直接起動します
UMD Mode XMBからISOを起動するときに使用するDriverを選択します
Fake region リージョンを他の国のものに偽装します
Use VSH Menu XMB中にSELECTボタンでVSH MENUを表示します
Fix exploit savedata ULJS00218SYSTEMフォルダを一時的にリネームしてTN-V内でトリガータイトルを遊べるようにします
Hide exploit game in XMB トリガータイトルをXMBで非表示にします
Hide the incorrect volume bar in home menu ホームメニューでボリュームバーを非表示にします
Hide non-working items in XMB XMB上の機能していないアイコン(文字セット、UMD自動起動、USB自動接続、メモリースティックのフォーマット、省電力設定、ネットワーク設定)を非表示にします
Hide PIC0.PNG and PIC1.PNG in game menu "ゲーム" → "メモリースティック" でPIC0.PNG(背景)やPIC1.PNG(説明文)を非表示にします
Use extended colors PSP-2000以降で使用されているテーマカラー(13-27.bmp)を使用します
Use Sony PSP OSK PS VitaではなくPSPのオンスクリーンキーボードを使用します
Use NoDRM engine NoDRMエンジンを使用します
Speed up MS access メモリースティックのアクセススピードアップ機能を使用します
Recovery Menu color Recovery Menuの文字色を変更します
Run program at /ULJS00218SYSTEM/RECOVERY.PBP
ms0:/PSP/SAVEDATA/ULJS00218SYSTEM/RECOVERY.PBPを直接起動します
Advanced ->
Advanced Configuration ->
Simulate HOME with button 1 PSPのPS(HOME)ボタンの代わりに使用するボタンを設定します
Simulate HOME with button 2 PSPのPS(HOME)ボタンの代わりに使用するボタンの2つ目を設定します(button 1で設定したボタンと同時押しすることになります)
Simulate NOTE with button 1 NOTE(♪)ボタンの代わりに使用するボタンを設定します
Simulate NOTE with button 2 NOTE(♪)ボタンの代わりに使用するボタンの2つ目を設定します(button 1で設定したボタンと同時押しすることになります)
VSH Plugins XMBのプラグイン機能を有効化します
GAME Plugins ゲームのプラグイン機能を有効化します
POPS Plugins PS1ゲームのプラグイン機能を有効化します
Install 6.60 files TN-V7の動作に必要なFW6.60のモジュールを ms0:/flash/ にインストールします
Uninstall 6.60 files TN-V7の動作に必要なFW6.60のモジュールをアンインストールします
Restore 'QSP' folder QSPがなんなのかわかりません。ms0:/PSPをms0:/QSPにリネームすることでユーザーがms0:/PSPにアクセスできるようになるとかならないとか。通常は使用しない機能だと思います。詳細を知っている方がいたら教えて下さい。
Reset settings TN-V7の設定を初期化します
CPU Speed ->
Speed in XMB XMB上でのCPUクロック数を変更します
Speed in GAME ゲーム上でのCPUクロック数を変更します
Plugins ->
Plugins installer -> ZIP圧縮されたプラグインをインストールします(詳しくはプラグインの導入)
Plugins manager ->
****.prx [VSH] vsh.txtに記述されているprxファイルを有効/無効化します
****.prx [GAME] game.txtに記述されているprxファイルを有効/無効化します
****.prx [POPS] pops.txtに記述されているprxファイルを有効/無効化します
Plugins remover -> 選択したプラグインを削除(テキストファイル(vsh.txt, game.txt, pops.txt)に記述したパスの削除)します
Registry hacks ->
Button assign 決定を○ボタンにするか×ボタンにするか変更します
Activate WMA WMAを再生可能にします
Activate Flash Player インターネットブラウザ上でFlash Playerを利用可能にします
Apply PS Vita registry PS Vitaの本体設定のPSNアカウント情報、言語、ボタンアサイン、暗証番号、日付、アドホック、Wi-FiをTN-V7に適用します
COMMENT (0)

コメントをどうぞ

※コメントをすぐに表示したい場合は本文にURLを含めないでください。

  • プロフィール

  • PVカウンター

  • アーカイブ

  • カテゴリー