SD2VITAの事前予約が開始 ― PS Vitaゲームカードスロットで使えるmicroSDカードアダプタ

SridentさんによりSD2VITAのプレオーダーが開始されています。
Going to do a mass production of SD2VITA in Eastern Europe (and the world) - vitahacks

SD2VITAはSridentさんとその友人によるチームにより生産・販売される予定のアダプタで、microSDカードをPS Vitaのゲームカードスロットへ挿せるよう変換し、メモリーカードと同じように使えるようにするというものです。このアイデアはxyzさんにより公開されていました。

このアダプタは1000または需要に応じてそれ以上の数が生産され、東ヨーロッパから世界に向けて発送が行われるとのことなので、日本でも購入できるはずです。価格は15€/17$で、日本円にすると2000円弱になります。2週間後にオーダーが開始され、3週間後には最初の発送が行われるとのことです。

以下のページで行えるプレオーダーは、メールアドレスを登録すると、オーダーの準備が整ったときに報せが来て、また10%オフになるというものです。売り切れが心配な方は、できるだけ早くオーダーできるよう登録しておくと良いでしょう。
SD2VITA

※発売が中止になる、発送が遅れる、商品が届かない、届いたものが思ったように動かないなどの不都合に対して、当サイトは販売元との関係がないため一切の責任を取りません。

COMMENT (0)

HENkaku Release 10 ― 初代PS Vitaでメモリーカード抜きでの動作が可能に

HENkakuがRelease 10にアップデートされています。
HENkaku

更新内容

  • ファイルが ur0:tai に移動されたことにより、メモリーカードの差さっていない初代PS Vitaでの動作が可能に
  • molecularShellが手動で削除された場合、デフォルトでは再インストールを試みないよう変更
  • ux0:tai/config.txt が見つからない場合、ur0:tai/config.txt からのプラグインのロードをサポート
  • Ensōを使っている場合、更新を適用するにはインストーラを再ダウンロードして、構成の再インストールが必要

新型に移行して初代Vitaにはメモリーカードが差さっていないという状況は多そうなので、気軽にHENkakuを試せるようになるのは結構ありがたいですね。

COMMENT (2)

HENkaku Release 9、最新のビルドで設定アプリに統合されたHENkaku Settingsが多言語に対応

HENkaku Release 9の5月13日(日本時間で5月14日)のビルドで、設定アプリに統合されたHENkaku Settingsが多言語に対応しています。

もちろん日本語にも対応し、"HENkaku Settings" は "HENkaku設定" になりました。項目そのものは設定アプリの一番上に移動しました。日本語への翻訳はmamosukeさんとmochgregさんです。お疲れ様です。

2017-05-14-140356

2017-05-14-140110

COMMENT (0)

Screenie ― 高画質スクリーンショットプラグイン

Rinnegatamanteさんによりリリースされている、PS Vitaの高画質なスクリーンショットを得られるtaiHENプラグイン "Screenie" の紹介です。
wololo.net/talk View topic - [RELEASE] Screenie - HD screenshots plugin for PSVITA

COMMENT (0)

HENkaku Release 9 ― HENkaku Settingsが設定アプリに移動

HENkaku Release 9がリリースされています。
HENkaku Changes

変更内容

  • SceShell(ホーム画面)をクラッシュさせることのあったあるパッチのバグを修正
  • オフラインモードで機能していなかった強制再インストールのトリガーを無効化
  • moleculeShellでファイルのロードが遅いのを修正
  • VPKファイルのインストール時にクラッシュすることがあるのを修正
  • HENkaku Settingsを公式の設定アプリに移動
  • molecularShellがVitaShellのテーマや設定に悪影響を与えていた問題を修正
COMMENT (0)

パーマネント(恒久)化ハック? HENkaku ◯(Ensō) が7月29日リリースへ

Team moleculeのxyzさんがHENkaku ◯(Ensō)のティザーサイトを公開しました。
HENkaku ◯

ティザーサイトでは、リリース予定日とみられる7月29日という日付と、筆で円を書いたようなHENkaku ◯(Ensō)のロゴと、YouTubeの動画が一つ紹介されているだけですが、この動画にHENkaku ◯(Ensō)についてのヒントが隠されています。

動画ではPS Vitaが起動した直後にバージョンが "3.60 変革○42" になっているのを確認し、そのままmolecularShellという未署名のファイラーアプリを起動しています。余程の誤解がなければ、HENkaku ◯(Ensō)はパーマネント化(恒久化)された新しいバージョンのHENkakuのようです。

このネーミングの趣向は、taiHENプラグインがサポートされたHENkakuのメジャーアップデートがtaiHENkakuと呼ばれたのと同じような感じですが、さらに強烈な印象になっていますね。

COMMENT (0)

vitabright ― ディスプレイの最小輝度を拡張するプラグイン

devnoname120さんによりリリースされている、PS Vitaのディスプレイの最小輝度を拡張するtaiHENプラグイン "vitabright" の紹介です。

COMMENT (0)
  • プロフィール

  • PVカウンター

  • アーカイブ

  • カテゴリー